YSP福重 ブログ

MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦AUTOPOLIS SUPER 2&42018/05/15

20180513jsb_02.jpg

COMMENT

YAMAHA FACTORY RACING TEAM
中須賀克行選手(9位)

「今回のレース結果は、仕方がないという感じです。霧や雨でタイムスケジュールが変更になり、レース直前には雨が強まるシーンもあったので、厚い雲に覆われた空を見たら、スリックタイヤを選択することはあり得ませんでした。結果的に雨は降らず路面は乾く方向で、レース中盤以降、レインタイヤでは転倒のリスクが高まったことから、まずは少しでも多くポイントを獲得することに考えを切り替えました。自分のコンディションやマシンの調子は、予選で1分46秒909というニューレコードをマークできたように、とてもいい状態にあるので、次のスポーツランドSUGOでは再び勝利を目指してがんばります」

野左根航汰選手(13位)

「ウエットコンディションと読んでレインタイヤで出走しましたが、路面は乾く方向で、まったくレースになりませんでした。転倒しないように最大の注意を払って走り続けるのが精一杯でした。次のスポーツランドSUGOは事前テストがあるので、ここでいろいろなことを試して、いい結果につなげたいと思っています」

吉川和多留監督

「天気が読み切れなかったと言えばそれまでですが、チャンピオン獲得を目指すチームとしては、この状況でスリックタイヤの選択肢はありませんでした。結果自体は芳しくありませんでしたが、土曜日の予選では中須賀選手がスーパーラップを記録してポールポジションを獲得していますし、野左根選手も順調に仕上がってきているので、流れとしてはまったく問題ありません。オートポリスは、9月にもう一度レースがあるので、ここできっちり巻き返したいと思います。好結果を残すことはできませんでしたが、悪天候のなか、サーキットで応援していただいたファンのみなさまをはじめ、サポートくださった関係者のみなさまに感謝しております。ありがとうございました」

source is https://race.yamaha-motor.co.jp/jsb1000/2018/rd03/180513-rd03.html#_ga=2.59661284.857649222.1526287790-1400770602.1391845074

< 2018年10月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ブログカテゴリー一覧