YSP福重 ブログ

タイヤのスリップサイン2019/05/11

こんにちは!植村竜也です!

今回は、タイヤのスリップサインをご紹介します!

 

タイヤにはスリップサインといって、タイヤ交換時期の目安になる印があり、この印はタイヤが摩擦により擦り減っていき、タイヤの溝が無くなることで表面に浮かび上がります。

このスリップサインがタイヤの表面に、1つでも浮かび上がっていればタイヤ交換が必要です!

 

スリップサインの確認方法は、タイヤのサイドウォール(側面)に△の印があり、その先に有るスリップサインをチェックします。

△の印は、1つのタイヤに4~9か所あるので、4~9か所全てのスリップサイン確認をお願いましす。

IMG_4905.jpg

写真は新品のタイヤで、で囲んある溝の中のでっぱり部分がスリップサインです!

IMG_4908.jpg

写真は、タイヤ交換をしたタイヤです。

で囲んでいる部分のスリップサインが表面に出てきそうですよね、このままの状態で走行すると溝とスリップサインが平行になります。

写真は完全にスリップサインが出てきていませんが、この状態でも交換をお勧めします!

 

スリップサインが出た状態(タイヤの溝が0.8mm以下)で走行することは”整備不良”です

仮に車検の際にスリップサインが出ている(タイヤの溝が0.8mm以下)と、車検に通りません。他にも雨の日、信号で急停止するときやカーブで曲がるとき、全ての状況で滑りやすくなっています。

 

安全に走行して頂く為にも、タイヤのスリップサインが表面に出てくる前までに、タイヤ交換して頂く事をおススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

< 2019年7月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ブログカテゴリー一覧