YSP福重 ブログ

イリジウム・スパークプラグ2019/06/08

こんにちは!新人メカニックの植村竜也です。

先日プラグについて紹介しましたが、今回はイリジウムプラグ・純正使用プラグの性能の差についてご紹介します。

まず最初に、2つのプラグの違いは2種類あり、中心電極の成分、サイズが大きく違います。

1つ目、中心電極部分の成分は、イリジウムプラグはその名の通り”イリジウム合金”を使用しているのに対して、スパークプラグは”ニッケル合金”を使用しています。

2つ目、サイズの差はイリジウムプラグの方が、純正で使用されている通常のプラグより電極が細くなっています。

IMG_0248.jpg

こちらの中心電極の細い方がイリジウムプラグです。

先端を細くすることで、火花を1点に集中されることができるので、着火性能を向上させることが出来ます。

IMG_0247.jpg

こちら純正で使用しているプラグです。

中心電極が太く先端がイリジウムプラグの様に尖っていないため、着火する際に火花の飛ぶ位置にバラつきがあります。

 

上記では、2種類のプラグの違いについて紹介しましたがここからは本題の性能の差についてです。

 

イリジウムプラグは先程紹介した通り、中心電極部分が細く尖っているため、1点に強い火花を安定的に飛ばすことが出来ます。

強い火花を飛ばすことが出来るので、始動性・加速性・アイドリングの安定性の向上につながり、燃費も向上させることが出来ます!!

 

しかし、価格がスパークプラグと比べ約2~3倍ほど高いのが痛い所ですが、イリジウムに交換しておけば10,000kmをメンテナンス無しで使用できるという安心と手間の省略が実現します。

 

純正使用のプラグはイリジウムに比べ、始動性・加速度などのさらなる向上はありませんが、安価で一般的なプラグです。これを頻繁に交換するのも、バイクコンディションを維持するには大変に有効です。

 

もしも始動性・加速度などを向上させたい!と思っていらっしゃったら、この機会にイリジウムも純正も、プラグ交換、ぜひご相談下さい!

 

< 2019年8月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー一覧