NEWS電子制御スロットルや軽量アルミフレームを搭載したオートマチックスポーツコミューター 「TMAX530 DX」「TMAX530 SX」 カラーリングを変更

電子制御スロットルや軽量アルミフレームを搭載したオートマチックスポーツコミューター 「TMAX530 DX」「TMAX530 SX」 カラーリングを変更2018/04/24

電子制御スロットルや軽量アルミフレームを搭載したオートマチックスポーツコミューター 「TMAX530 DX」「TMAX530 SX」 カラーリングを変更

 

2018年4月24日発表

 ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒530cm3エンジンを搭載するオートマチックスポーツコミューター「TMAX530 DX ABS」および「TMAX530 SX ABS」のカラーリングを変更し、5月28日より発売します。

 「TMAX530」は“Master of Scooter”を開発コンセプトに、電子制御スロットルや軽量アルミフレームなどにより高い走行性能を実現しながら、軽快感とエレガントさを兼ね備えたデザインで人気のモデルです。

 「TMAX530 DX ABS」は2色設定です。「マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)」は、昨年モデル同様のベースカラーを継続しながら、サイドカバーのカラーを変更し、フロントフォークやフロントキャリパーにゴールドを採用することで、引き締まったスポーティーなイメージを強調しました。「マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)」は、質感を感じるマットダークカラーを採用することにより、「TMAX530」の持つ大人のエレガントさを強調しました。「TMAX530 SX ABS」は2色設定です。「マットシルバー1(マットシルバー)」は、昨年モデル同様のベースカラーを継続しながら、フロントフォーク、フロントキャリパーを他のカラーリングと共通のゴールドにすることで足回りの力強さを強調しました。「マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)」は、「DX」同様のカラーリングを採用しました。

 なお「TMAX530 DX ABS」は、スタンダードモデルの「TMAX530 SX ABS」をベースに、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーンなど快適装備を充実させたモデルです。

 
「TMAX530 DX ABS」
(ニューカラー/マットブルー)
「TMAX530 DX ABS」
(ニューカラー/マットダークグレー)
「TMAX530 SX ABS」
(ニューカラー/マットシルバー)

 

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「TMAX530 DX ABS」
・マットダークパープリッシュブルーメタリック1(ニューカラー/マットブルー)
・マットダークグレーメタリック8(ニューカラー/マットダークグレー)
2018年
5月28日
1,350,000円
(本体価格1,250,000円/消費税100,000円)
500台 
(シリーズ合計/
年間、国内)
「TMAX530 SX ABS」
・マットシルバー1(ニューカラー/マットシルバー)
・マットダークグレーメタリック8(ニューカラー/マットダークグレー)
1,242,000円
(本体価格1,150,000円/消費税92,000円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

>>「TMAX530」製品情報の商品情報はこちらから

< 2018年7月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

ブログカテゴリー一覧